読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袖。

ぐぅたら

A→N(アニメ編)

ポケモンXYアニメも終わり今週木曜からサンムーンがはじまります。

その前に自己満足ですがXY(ORAS)のゲームアニメを振り返ってみたいと思います。

まずアニメから。長くなりすぎるので振り返るにふさわしいシーンやポケモン、人物についてを抜粋。

振り返って見てみるとなんというか涙腺に来ます・・・

例えば1話のトレーナーとしてのシトロンとのバトルはロケット団に止められてしまいますが最終回でその続きとも取れるようなバトルが繰り広げられます。両方結果は分かりません。1回目は決着がつかず2回目はサトシが勝ったのか、シトロンが勝ったのか、時間が来てしまったのか。ただこの結果が分からないことこそ「終わりなきゼロ」ということではないでしょうか。

次に2話のケロマツがボールをサトシの転がすシーン。あそこでシトロンは「ケロマツの方からトレーナーを選ぶなんて!」と言ってます。

XY&Z28話で同じようにボールを転がすシーンにつながった時は鳥肌が立ちました。

46話でのお別れのシーンは涙なしには見られませんでしたね・・・ゲッコウガ、本当にいいキャラしてたと思います。手放してしまうのが惜しいくらいです。

「ショータ受け止めろ!これが俺とゲッコウガのすべてだ!」

サンムーンの体験版をプレイするともらえるらしいのでゲームの方で活躍してもらおうかと思います。

次はポケモン編・・・と行きたいところですが技の入れ替えがなかったピカチュウともう既に触れてあるゲッコウガは割愛。

まずはアローさん、ヤヤコマの時にゲット。ケロマツに次ぐカロスのポケモンです。タマゴを温めたり偵察したりバトルでも大活躍と歴代トップの便利屋だったのではないでしょうか。ゲームでもお世話になりました。

次にルチャブル。切り込み隊長!トリックルームをシザークロスで破壊はいろいろな意味で視聴者に衝撃を与えたのではないでしょうか。サンムーンでこの仕様が適用されればいいですね・・・吸血の威力が上がってしまうらしいので()

続いてオンバーン、タマゴから孵ったポケモンです。何体目でしたっけ。タマゴから産まれたポケモンオンバット時点では臆病な性格でガチポケモンではないかと思った人も多いのではないでしょうか。ですがそんな臆病さなど見る影もなく立派なオンバットになりました。オンバット時代の飛行大会での成長は心に来ました。かわいかった・・・オンバット・・・

最後にヌメルゴンヌメラの時空から降ってきました。最初はヌメラもまたビビりでしたが成長は一番したのではないでしょうか。進化クッソ早かった・・・

一回別れた後のリーグ参加は嬉しかった・・・

XYのメンツは全員好きでした。SMが20周年作品だから10年のDPの時みたいに総力戦になればいいがリーグはなさそうで少し残念です。

とまあポケモン編はここまで。体験版ってメスゲッコウガいるんですかね?厳選しやすいようにメスゲッコウガを確保することから始めようと思います。それでは。