袖。

ぐぅたら

バッド・オブ・フリージア

数週間前に出された宿題なのにボランティア先の園を今日探し出した僕と友達。なんと提出期限は明後日!アホか。

てなわけで最終手段の母園。

前回の記事でも書かせていただいた中学の時に行った園ってのもそこです。園児の笑顔に救われた言わば始まりの地であり終わりの地…になる予定の園。

最初からクライマックスだぜと赤いバケモノのような心持ちと形相で電話をかけました。

「もしもし」

「こんにちは、〇〇の袖と申します。」

「はい。こんにちは。」

「ただいまお時間よろしいでしょうか」

「あの…ご用件は…」

そりゃそうだ要件言わなきゃダメだよなごめんなさい電話口の先生。

「夏休みボランティアの方を探しておりましてそちらで出来たらな、と思い連絡させていただきました」

「わかりました。少々お待ちください。担当者に変わります。」

「はい。分かりました。」

〜ご機嫌な音楽〜

「お電話変わりました」

「!?袖です!」

「あら、袖くん、元気?どうしたの?」

この時点でボランティア先決まったと確信と覚えてもらっていた喜びを抑えつつ答える。

「副園長先生、お久しぶりです!実は今僕幼稚園の先生を目指して学校で勉強してて夏休みの宿題でボランティアをすることになったんですよ、なのでここで出来たらいいな…と思いましてお電話させていただきました。」

「へぇ〜…てことは園児と関わる仕事がいいのね」

「そうですね、なんでもやりますけど」

ん?今何でもするって

「日付はどこがいいかな」

「そうですね、今から言う日は学校があるので〜と〜と〜の期間は避けたいです」

「なるほど、〜ね」

「あっ今言った日は学校あります」

「えっそしたら普通に子供を預かってる日明日しかないけど…夏休み入るし」

覚悟はしてたけど勝利を確信してた僕はドン底に落とされたような気分になりました。

「えっ本当ですか…ど、どうしましょ…」

絶望も絶望。絶望しすぎてファントムが出るかと思いました。

ところがどっこい流石の副園長先生

「夏休み中はお預かり保育っていうのを9時から5時までやるんだけどそこに来る?人数三人とかになるけど」

「やります!やりますやります!何でもやりますので!」

ん?今(ry

「じゃあいつにするか後で電話して、この日程のうちのどこかね」

「もう今決めても大丈夫ですか?」

「構わないけど」

「じゃあこの日とこの日とこの日でお願いします!」

「了解、その三日間ね、担当に伝えとくね」

(担当に変わるって言ったの担当に伝えとくね…?)

ここで気がつきました。最初に電話取った先生が電話来たことを伝えるときに副園長先生が僕の名前を聞いて担当じゃないのに、忙しいかもしれないのに電話を取ってくれたこと。成長した僕の声を聞きたいと電話を取ってくれたこと。

友達が一緒にいた手前泣くことは出来なかったのですがその温かさに触れた時は目頭が少し熱くなりました。

「ありがとうございます。よろしくお願いします。」

「じゃあその日に待ってるね。」

「あ、最後にいいですか」

この締まらなさが僕らしい。

「何?」

「当日必要な持ち物とか教えていただきたいです」

「お弁当と濡れてもいいように着替えと上履きくらいかな」

「分かりました。ありがとうございます」

「あっそうだ」

「何でしょう…?」

「夏休み終わってもさ、事前に連絡くれればいつでも遊びに来ていいから。」

「あ、ありがとうございます…!」

「じゃあ今度こそ。当日待ってるね。失礼しました」

「ありがとうございます、失礼しました!」

電話終わってひと段落、本当に泣きそうだったので誤魔化すように電話ちょろ!を連呼。不器用すぎるやろ…

でも今思い出して泣いてるくらいには嬉しくて…園児の時めちゃくちゃ問題児だったからかもしれないので複雑ですが中学の時に一回行ったとは言え名前覚えてもらってただけでも嬉しいのにわざわざ電話を取ってくれてその上いつでも来ていいよなんて言われて嬉しくないわけないというか。

当日は副園長先生のために、担当の先生のために、園児のために、そして副園長先生が思ってくれている自分のために頑張らなくちゃと思いました。

かっこ悪い夢がある。叶えるためなら嗤われても構わない。限界は自分が決めた甘えだからこそ明日は乗り越えみせる。

というわけで今はまだ悪い(bad)蕾(bud)のままですが少しずつ膨らんでる、そんな気がするので青い空目掛けて大輪を咲かせるその時まで泣いたこと、笑ったこと、思い出全部ポケットに入れて頑張ろうと思います。それではまたいつか〜

努努夢叶う事夢見る夢追い人、You may smile again.

初めましてそうでない方はこんにちは久々の更新です

今僕は保育について勉強してます。その授業の一環で十年後どんな人間になりたいか、みたいな宿題が出て物思いに耽っていたのでどっかの誰かには最近まで保育士になろうとしてるのがネタだと思われてたり他にも色々な要因があって書くに至りました。なるべく重くならない程度に保育士になろうとしたルーツや理想像を書き綴ろうと思います。

 

 

 

嘘です。無理でした。まあ乗りかかった船ってことで暫くお付き合いください。

 

小学校の時から仲良かった親友?がいて中学入って登校とかも暫く一緒にしてたんです。彼の名前を仮にFとします。クラスにまあ友人がいたこともあってそれなりに話せる人はいたんですが帰る方向が違うこともあって帰りもF君達と帰ってたんです。ですが部活が始まってから部活がない日ですら彼が部活の人間と帰ると毎回誘いを断られ、面倒臭いことに少々ナイーブな気分になってました。面倒臭いな僕。

そんな時自分の部活でKに「Fが袖の悪口を言ってたよ」と告げられたんです。僕の友人のI君はそんなこと言ってたっけと言ってたし彼は法螺吹きというか虚言癖みたいなのがあったから今思えば嘘だったかもしれないのですが当時の僕には本当にショックで悲しかったんです。そんな感じでF君と微妙に距離を取りながら毎日を過ごしていたら思い掛けない出来事が。その部活の人にF君が仲間ハズレというか嫌がらせされるようになったのです。彼は気が弱いからそういう対象にし易かったのかもしれません。

彼と同じ部活の人間は狡猾で彼と仲良かった僕に取り入ろうとして来たというか彼を独りにするかのように手を回して来ました。そんなことは彼は僕には微塵も教えてくれなかったため知らなかったし当然、と言うと聞こえが悪いかもしれませんが自分の悪口を言うような人間と表面上は明るく楽しい多数の人間だったら後者を取ってしまうわけで…

しばらくは本当に何も知らずにその彼と同じ部活の人間と関わっていました。何よりその部活の中心人物と同じクラスだったのが大きいかもしれないです。やがて彼らからF君をいじめてるかのようなニュアンスのことを告げられました。まあ数ヶ月過ごしてるから聞かずともある程度察してて、加担すること自体は拒んだのですが自分が同じ目に合うのはゴメンなので「僕の悪口を彼も言ったんだ、これは当然の報いだ」と自分に無理やり言い聞かせ何も言わないようにしました。思い出すだけで胸糞悪いです。

 

そこから一変、自分の部活中に学校の中心人物の女子といざこざを僕が起こしてしまい、そのF君と同じ部活の彼らと仲が良かった…というか奴らが媚び諂ってたのかな、そのせいなのか何なのか今度は僕が適当な理由をつけられそのメンツからいじめられるようになりました。それだけならまだいいんですが彼らは今度はF君にまた取り入って今度は僕を独りにしようとしました。嫌がらせの主犯と同じ塾だったのですがそいつから罵声と共に浴びせられた言葉の中に「Fが今のお前の状況を聞いた時何て言ったと思う?ざまあみろだってよw」と言われその時ようやっとF君がやった(いややってなかったかもしれない)ことと同じ、いやそれ以上のことをF君にしていたんだと気がつきました。遅すぎますよね。当然の報いだ、とざまあみろって意味が似てるのが皮肉というか。

そこから何度も何度も心が折れそうになりながら…もう粉々に砕かれてたかもしれないが肉だけで起き上がるような感覚、数少ない友人に支えてもらうような形で地獄の一年生を過ごしてました。椅子や靴に画鋲やガム、持ち物は隠され盗まれ物は投げられ、給食には虫を入れられたり、数日前の牛乳と入れ替えられたりなど古典的な嫌がらせばっかりされてました。昔のアニメか何かか。

死にそうな顔をして日々を送る僕に転機?が訪れたんです。

幼稚園の職業体験でした。当時の担任の先生に支えてもらったこともあり教育に関する職に少し興味を持っていたのもあったのですが何で幼稚園を選んだのかは覚えてません、もしかしたら奴らと違うところになるって確信をしてたからか将又偶々なのか。ですがその職業体験での出来事が僕を変える…変われたのかは分からないけど、少なくとも僕の決意を固める一因になりました。何があったかというとまあ園児というか子供って好奇心旺盛で僕らみたいなのが来ると興味津々でグイグイ関わって来るんですよ。それで僕が何かすると笑ってくれて、その笑顔を見て元気をもらって、幼稚園教諭になろうかなとか、この笑顔を僕も作れたらなぁとか、色々思ったわけで

 

 

そこから変われる努力をしました。いい方向にも悪い方向にも。まずは奴らにいじめられないようになろうとしました。って言っても喧嘩とか弁論で黙らせるとかじゃないんですけど。二年に上がった時はそういうヒエラルキーに関与してない悪ガキとちょっと仲良くなったり。そうです、虎の威を借る狐です。

三年に上がったらとにかく目立たないようにしました。多分こっからですね僕の赤面症。小6まではこんなんでも前に出るの好きだったんですよ。

まあでも三年時は受験で内申とかもあるので表面上は嫌がらせされないんですが裏で嫌がらせの主犯格に僕の動向を告げられたりとかはあったんですがまあ物投げつけられたりとかはマシなんでそのくらいは目を瞑って一年を過ごし、何とか卒業しました。第一志望にも合格して順風満帆…かと思ったのですが現実はそうは行かない。

 

行った高校は水泳がまあそこそこ強いところで部活頑張るぞ!と意気込んでたら意味わからん理由で一週間でやめさせられて、そこから勉学のモチベは著しく下がりました。まあそれで勉強しないで怠惰に過ごしてたんですけど、9月くらいかな?クラスの男子がLINEで女子をいじめたりクラスの雰囲気を悪くするようなことばっかりし出して、まあ勉強しないお前がいうなって話なんですけどね

特に女子をいじめてるのは自分が中学の時男女からいじめられてたこともあり物凄く腹が立って彼らに言いました。決して優しいからとか正義感が強いから、とかじゃなくて単純に僕がムカついたからです。そうするとまあ当然っつーかなんて言うか今度は僕がいじめられてしまってストレス性胃腸炎発症してただでさえ出来なかった勉強が尚更遅れて、しかも腹痛のせいで授業にも出られないから単位も足りず「この学校をやめて別の学校に編入すれば一年時の単位を取ったことにする、この学校に残るなら留年させる」と半ば追い出されるように通信制の学校に編入しました。

 

 

まあとてもカッコ悪い理由なんですけどここでようやっと「幼稚園教諭になる。自分のような被害者、加害者となって傷付く人を少しでもいいから減らしたい。奴らのような人を虐げることに何も思わないような人間は減らしたい。」という決意は固まりました。その日からちょっとずつ幼稚園教諭について調べたり、絵本を少しずつ読んだりしました。通信制ということもあり時間がたくさんあったのでね。ピアノとかはしませんでした()

通うタイプで且つ四学期制の通信制学校だったので全く夏休みとかなくて三年時の卒業に必要な単位取得後は息切れするかのように何もしないで過ごしましたけどね。まあそんなこんなで中学では友達少なかったし高校は友達一切いないんすよ。まあ少なくても質には恵まれてると自負してるんですけどね。今も仲良くしてくれてる中学以前の友人は僕の誇りです。

 

 

というルーツがあって「人を笑顔にして」「人を救える」幼稚園教諭になりたいと思ってます。小6の時水泳の朝練があったからそんな見てはないのですが仮面ライダーオーズのセリフで 「手が届くのに手を伸ばさなかったら一生後悔する。それが嫌だから手を伸ばすんだ」ってセリフがあった…っていうか本当に見てなかったからそれしか覚えてないんですけどそれを信条に手の届く場所にいる人間をまず笑顔にして、その笑顔がその人と周りの人の活力になればいいなって。だって自分が園児たちの笑顔に救われたから。そして何よりそうすることが僕の罪滅ぼしになると思ったから。

 

 

ただ人を笑顔にするって一口に言ってもとても難しい。何せ本当に五年近くまともに人と関わってないから。だから今の学校入って最初はどうしたらいいか分からなくて、周りの数少ない男子は既にコミュニティのようなものを築いていたし、かと言って昔の経験から女子が特に怖いと思ってる僕には大きな壁でした。覚えてる人いるかな、1日目僕が全く喋らなかったの。一番最初にある男子が声をかけてくれたお陰でちょっと助かったんですよね。そんな時、スタートアッププログラムの2日目かな?ある女子が僕のことをいじり始めたんですよ。最初は正直嫌でした。出る杭が打たれることを身を以て知っているから。でも同時にここで変わらないととも思ったんです。何より笑われてるだけかもしれないけどみんな笑ってくれるから…人の笑顔が大好きだからね。なのでなるべく頑張って震える自身を奮い立たせ、震える声を出したんです。それで今どうなってるかは想像に任せる…ってか見ればわかるか

みんな本当に優しくて、こんな優しい人いるんだって。不安や不透明さは拭えないけど、それでもいくらか気は楽になって何というか…人を救うってこういうことなんだなと感じて…僕もこうやって人を助けられたらなぁ。

今はまだ人に笑われず笑わせられる術は皆目見当もつかないし、よくやり過ぎちゃって引かれたり、怒られたり、馬鹿にされたり、罵倒されたりもしてます。ですがいつかはちゃんとみんなを笑わせられるようになりたいと思ってます。それが僕の出来る精一杯の恩返しだと思います。

 

 

中学、高校の時の僕を知ってる皆さんへ。僕は今とても幸せです。まだ時計はあの時から止まったままかもしれないし、願った平穏とはまた違った日々を過ごしています。それでも優しい人たちに囲まれてようやっとまとも(?)な学校生活を送れています。今の今まで支えてくれてありがとうございます。これからも甘えることはあるかもしれません。その時はまたよろしくお願いします。

 

そしてこれをもしかしたら読んでいる現クラスメイトの方。たくさんご迷惑をおかけして申し訳ないです。これからもおかけすると思います。今は空回り空振りもいいとこですが自分に出来る形で、一歩一歩少しずつ進んでいきたいと思っているので何というか…温かい目で見てくださるとありがたいです。

たくさんの感謝と敬意を込めて。

 

 

 みんなを僕の力で笑わせることが出来たならその時はこれが僕が描きたかった絵だ!って高らかに笑いながら自分の過去の過ちも傷跡もこんなことあったな、いい思い出だったなぁと自分を許して全部笑い飛ばせますように。

 

僕の長い長い謳にお付き合い頂きありがとうございました。

今後はバイトのことだけだと限りがあるので学校のことも面白いことがあったら更新出来たらなって思います。

1/3

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

って何日が遅いですね。でもいろんな場所でちゃんと言わなかった?書かなかったような気がするのでこの場を借りて挨拶させていただこうと思いました。

前置きはともかく本題に入ると今日、1月3日のバイトでの話なんですけど僕のバイト先食べ物(外部から発注したものとか)を取り扱ってて今日賞味期限が切れるものの値引きをお願いされたんですよ。で、弁当やらなんやらの値引きが終わったから次にサラダや冷惣菜の値引きをぽけーっとしてたんです。そしたら『1/3』の文字があって基本的に冷惣菜は期限の1日前にアルバイトの人が10%で値引くことになってたので『おいおいマジかよちゃんと値引きしてくれよな〜頼むよ〜』とか思ってて値引きしようと手に取ったらその商品名が

 

 

『1/3日分の野菜が取れるあんかけ焼そば』って名前だったんですよ。3分の1かよ!ややこしいわ!

期限はちゃんと1月4日でした。てへっ。

このことを職員の方に話したら大爆笑されました。新年初笑いやったぜ。

今日はここまで!

先日のバイトで

商品の値引きをしていたところおじさんに『このカツはレンジでどのくらい温めればいいの?』と何故か高圧的に聞かれて『レンジで温める時間…ですか?』としどろもどろに対応すると『レンジで温めなくて何で温めるんだよ』と言われたんですよ。そこで『僕の家はトースターなどしっかり焼ける(?)ところで焼きますね』って答えたんですよ。違うそうじゃない僕。

返答に困ったので社員の方に聞こうと思っていると『トースターか…家にあるかもどこにあるかも分かんねえや…うちかみさんに逃げられちゃってよ…』って…

あっ…(察し)

 

そりゃ高圧的にもなるわ。

 

思い出したくないことだったのか早々に背を向けて別のバイトさんのところに行ってくれて僕は助かったんですけどおじさんの哀愁漂う背中は忘れられないです。おじさんに幸せが訪れることを祈ってます。

初めまして

って言ってもツイの知り合いしか見る人いないと思うので自己紹介は簡潔に

埼京線で袖に精液かけられたりいじめっ子にストーカーされたり楽しい日々を送ってるみんなのアイドル(爆)です

気が向いたら僕の日常で面白いと思ったりええ…と思ったりすることを書いていこうと思いますよろしくお願いします